いんぽてんつの症状と治療薬

いんぽてんつの症状

男性の性器(ペニス)自体に問題がないにもかかわらず、十分に勃起ができず、満足な性行為が行えない症状をED(イーディー)と呼びます。

この症状は、インポテンツと呼ばれたりしていたのですが、略してインポなどと男性に対する差別用語として用いられることが多いことから、現在ではあまり使われなくなりました。医学界ではEDや勃起不全と呼ばれ、昨今ではCMやインターネット広告などで知られるようになり認知度も以前よりは高くなっております。

EDで悩んでる人は年々増加の傾向にあり、高年齢の方だけでなく、若い世代にも悩んでる方は多くいらっしゃいます。15年ほど前のデータによると4人に1人の成人男性が勃起に関して何かしら悩んでるとされていますが、現代ではその割合を大きく上回っているとされています。

完全に勃起できない症状はもちろんですが、勃起はできるが挿入の途中で萎れてしまうや、勃起するのに時間がかかってしまうなど中度の勃起不全の症状もEDに含まれます。性行為の際にとありますので、マスターベーション(自慰行為)の時は勃起できるけど、パートナーといざセックスをすると起たなくなってしまう方も含まれます。

いんぽてんつの治療薬

今現在日本でEDで悩んでる男性は2000万人近い人数となっています。しかしこの人数の中、病院などで相談した経験があるという方は5%未満しかいません。男性性器(ペニス)が勃起できないという事がとても相談するにあたって、話しにくい内容となっているからです。最近の病院や診療所などは、個人情報を考慮した診断方法を取っており、問診だけで治療薬等を処方してくれるところも多くなっています。

EDの治療薬は保険適用外なので、保険証を提出する必要が無いので、家族にばれてしまうなどの心配もいりません。

EDの治療薬は、ホスホジエステラーゼ5阻害薬に分類されており、略してPDE5阻害薬と呼びます。PDE5は陰茎の海綿体にある酵素で、活動的になることにより、平滑筋を弛緩してくれる作用のサイクリックGMPを分解させてしまいます。

活発になりすぎてしまうと、大量の血液が陰茎の海綿体へ流れ込まなくなるので勃起が十分にできなくなってしまうのです。EDの治療薬の有効成分がPDE5を阻害する作用があるので、勃起を促してくれるのです。あくまでも手助けしてくれる作用になりますので、服用後性的興奮や性的刺激を与えないと勃起できません。

しかし、服用後通常の生活と変わらなく過ごすことができるので、日常生活に支障を与えることはありませんので安心して服用できます。ED治療薬は現在3種類存在しており、種類により持続時間、最高血中濃度などが変わりますので、症状などにより治療薬を選べます。

いんぽてんつ原因、いんぽてんつ改善やいんぽてんつ治療などの情報を収集しております。いんぽてんつに困られている方は是非ご覧ください!