いんぽてんつの治療方法について

いんぽてんつは陰萎ともいいます。陰茎の勃起不全または勃起不能のため性交が不能の状態をさします。さらに広義には、性欲、勃起、陰茎の腟内挿入、射精、極致感のいずれかを欠く性交不能症とまったく同義に用いられることもあるが、ここでは狭義について述べます。いんぽてんつの治療方法は何でしょうか?本文では、いんぽてんつの治療方法についてご紹介します。

いんぽてんつの治療方法はだいたい三つあります。
1.バイアグラなどの治療薬
病院でのいんぽてんつの治療法として提案されることが多い治療薬のバイアグラです。勃起しない人、中折れしやすい人、勃起の持続性がない人であっても、バイアグラを服用することによってその問題を解消できるという安全な治療薬であると言われています。これも今最もふつうと有効ないんぽてんつの治療方法です。

2.血管作動性薬剤陰茎海綿体注射
陰茎海綿体に末梢血管作動薬を直接注射し、いわば機械的に陰茎を勃起させる治療で、陰茎や血管系に解剖学的な問題のないケースであれば効果が期待できます。注射後30分 – 60分程度、勃起を継続させることが可能となります。80%のケースにおいて改善が認められ、この手法でリハビリを行えば、患者の自信の回復や海綿体の血管の機能改善により、勃起の回復も期待できます。

3.食事や運動から改善
精力が衰える原因として、「必要な栄養素が足りていない」ことや「運動不足」も考えられます。EDを改善するためにも、時間はかかりますが、根本から身体の基盤をつくっていくことが最も大切なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です