EDの診察と治療の基礎情報

・糖尿病ed患者ED治療薬を服用できます・
ED治療薬は糖尿病や高血圧症によるEDにも効果を発揮する場合が。まずは医師に相談してみましょう生活習慣病の代表ともいえる糖尿病や高血圧症は、ともに血管へのダメージが大きい病気です。勃起には血管の状態が深く関わっています。ですから、血管の損傷がEDに及ぼす影響の大きさはお分かりになるでしょう。EDの診察と治療は糖尿病になると、血管が硬くなり、性的刺激による血管の拡張が妨げられます。その結果、血流が抑えられ、EDを引き起こしやすくなります。また、糖尿病は血管への影響ばかりでなく、高血糖に長期間さらされることにより、陰茎海綿体に分布する神経が侵されます。糖尿病による神経障害は網膜症、腎症と並ぶ合併症の1つですが、泌尿器系の症状ではEDが代表格となります。でも、ご安心ください。ED治療薬は糖尿病によるEDにも十分な効果を発揮します。糖尿病の薬との併用も問題ありません。ただし、病気の具合によっては薬が効きにくいことがあるので、その場合にはかかりつけの医師に相談の上、高用量を試みるのもよいでしょう。

・ED改善薬が高血圧にも効果あり・
高血圧と聞くと「ただ血圧が高いだけ」と考える人も多いみたいですが実はペニスにとってはダメージが大きい病気で、そのリスクは糖尿病や喫煙と並んで「EDの三大要因」と呼ばれることもあるほど。しかも、EDと同じく加齢とともに羅患率が高まる病気なので中高年男性にとっては”避けては通れない道”といっても過言ではありません。今回はそんな中高年の高血圧について、男性が知っておくべき原因と対策をまとめてみました。高血圧になることは、すなわち”血管を流れる血液の圧力が高く”なること。とすると「むしろペニスの血流量は増すんじゃないの?」と考える方も中にはいるかもしれませんが、それは大きな誤りです。まず、高血圧になると心臓が心筋を増加させ肥大化することで過重労働に対応しようとします。その結果、血管にも大きな負担がかかるようになり損傷を受けた血管が硬くなったり狭まったりするようになるんです。そんな高血圧とEDの関係ですが、実は意外なことにEDの治療薬には血圧を軽く下げる作用があるんです。しかも、血圧は下がることはあっても上がることはないので高血圧治療中の方で処方された薬と併用することも可能とまさに願ったり叶ったり。

・シアリスとED・
シアリスは日本イーライ・リリー株式会社によって長時間の研究で開発されたed薬です。バイアグラ、レビトラ、シアリスは世界大人気の三大ED治療薬です。これからシアリスとEDの関係を説明していきます。EDはまた勃起不全とよんで、性行為の際はセックスが順調にできない現象の一つです。EDになるのは主に身体的や精神的な問題があります。EDの男性は主に勃起が十分にできない、または勃起時間が長時間に持続できない悩みがあります。EDを徹底に改善すると、病院でEDの専門治療を受けることは一つの方法です。もう一つの方法はED治療薬を利用することでEDの悩みを解決できます。ED治療薬には三つのed薬は一番有名です。その中には、オススメしたいのはシアリスのことです。シアリスにはシアリス5mg、シアリス10mg、シアリス20mgといった三種類があります。シアリス20mgの効果が一番強くて、最高36時間まで有効性があると臨床試験によって証明されました。それに、シアリスはED治療に顕著な効果があることはもう認可されました。

・一番効くED治療薬シアリス・
シリアス錠は、日本で一番最新のED治療薬です。シアリスの最大の特徴はバイアグラ、レビトラと比べて、使いやすい、ということが挙げられます。食事の有無に関係なく服用できて、シアリスの効果時間そのものも36時間と長い、ということです。バイアグラやレビトラは空腹時に飲んだほうが効果が出やすいとされており、また飲むタイミングは性交予定時間の1時間前、効果持続は約8時間と言われています。EDはどういう意味でしょうか、EDは勃起障害、勃起不全と言われていますが。これは一言に言えば「満足に性交することができない状態」のことを意味していて、完全に勃起できない状態から、途中で萎えて中折れしてしまう状態までいろいろな場合を含みます。原因は大きく分けて、加齢によるもの、生活習慣病の一種、ストレスによるもの、その他病気によるものなど。ほとんどが海綿体周辺の血行が悪くなることで勃起が出来なくなることによります。したがってシリアス錠を初めとするED治療薬は、特別な病気などの原因のあるもの以外の、ほとんどのEDに対して効果がある可能性が高いということになります。

出典: http://lwvb.supa-tikara.com/

いんぽてんつの予防方法の情報ご紹介

いんぽてんつは勃起ができずに性交が不能になること、または勃起が可能でも射精が不能の場合もこれにあてはまります。いんぽてんつは男性たちにとっては、少し恥ずかしいことですから、治療ということが難しいと思いますね。ですから、いんぽてんつの予防はとても重要です。いんぽてんつの予防方法は何でしょうか?本文では、いんぽてんつの予防方法の情報についてご紹介します。

皮下脂肪が大量に蓄積した状態、いわゆる肥満になった状態が続くと、男性ホルモンの分泌を阻害し、EDを引き起こしやすくなると言われています。そうならないために、日常的に摂取する食べ物には注意しなければなりません。脂肪の多い食事を避け、糖分は控えめに、主菜と副菜のバランスが良い食事を心がけましょう。血管障害を引き起こしやすいコレステロールを多く含む肉類を避けることも大切です。

血行不良の原因の一つでもありますが、運動不足により勃起パワーが衰えることも十分に考えられます。 ED に効く一番効率的な運動が、下半身を鍛える運動!特にスクワットが ED には最も効果的であることがわかっています。 毎日少しずつ筋トレをして、勃起パワーを鍛えてください。

喫煙は、精子に悪影響を与えるほか、インポテンツを起こすきっかけになるともいわれています。できるだけ禁煙しましょう。

仕事でのストレスはもちろん、あまり妊娠を急ぎ過ぎるとプレッシャーからインポテンツになってしまうことがあります。リラックスした自然な夫婦生活を心がけましょう。

いんぽてんつの治療方法について

いんぽてんつは陰萎ともいいます。陰茎の勃起不全または勃起不能のため性交が不能の状態をさします。さらに広義には、性欲、勃起、陰茎の腟内挿入、射精、極致感のいずれかを欠く性交不能症とまったく同義に用いられることもあるが、ここでは狭義について述べます。いんぽてんつの治療方法は何でしょうか?本文では、いんぽてんつの治療方法についてご紹介します。

いんぽてんつの治療方法はだいたい三つあります。
1.バイアグラなどの治療薬
病院でのいんぽてんつの治療法として提案されることが多い治療薬のバイアグラです。勃起しない人、中折れしやすい人、勃起の持続性がない人であっても、バイアグラを服用することによってその問題を解消できるという安全な治療薬であると言われています。これも今最もふつうと有効ないんぽてんつの治療方法です。

2.血管作動性薬剤陰茎海綿体注射
陰茎海綿体に末梢血管作動薬を直接注射し、いわば機械的に陰茎を勃起させる治療で、陰茎や血管系に解剖学的な問題のないケースであれば効果が期待できます。注射後30分 – 60分程度、勃起を継続させることが可能となります。80%のケースにおいて改善が認められ、この手法でリハビリを行えば、患者の自信の回復や海綿体の血管の機能改善により、勃起の回復も期待できます。

3.食事や運動から改善
精力が衰える原因として、「必要な栄養素が足りていない」ことや「運動不足」も考えられます。EDを改善するためにも、時間はかかりますが、根本から身体の基盤をつくっていくことが最も大切なのかもしれません。